心配なことやご要望などを

しっかり伺います

ハート歯科クリニックでは、初めての受診の時にカウンセリングを行い、歯医者さんでの思い出や、心配なこと、様々なご要望を十分に伺ってから治療します。

初めて歯科にかかる方も、歯科が苦手と思っている方も、どうぞ、まずお話するところから始めましょう。

いつでも思いついたことを

お尋ねください

最初は緊張もあり、お互いうまくお話ができません、だんだんとで構いません、治療上の問題点、進め方、治療費等、遠慮なく、いつでも思いついたことをお尋ねください。

治療で一番大事なことは、信頼です。私たちはお互いのコミュニケーションを通して、信頼を築いていきたいと考えています。

費用や治療回数などが治療前に

わかるから安心!

当クリニックでは、全体のお口の検査を受けられた方には必ず、治療に必要な料金、治療回数、治療の選択肢について資料をお渡しし、わかりやすくご説明をいたします。

歯の治療には絶対的な正解はありません。必ずいくつかの選択肢があり、それぞれの治療法には良いところとそうでないところがあります。

どの治療を選択するかは、患者様が何を望むのか次第だと考えます。

しっかり話し合いながら決めて治療を進めていきましょう。

 

もし納得できないことや、分からないことがあれば、いつでもご質問ください。

再発予防のため、症状の根本的な原因も治療します

お口の中全体の問題が1本の歯に現れてくることはよくあります。

お口に何か問題が起きた場合、お口全体を診ることで症状の原因そのものを突き止め、それについても治療することが必要です。

そうしないとまた次の問題が引き起こされてくるからです。

 

当クリニックでは、根本的な問題にアプローチするために、患部の治療並行して、症状の根本的な原因に対する治療を実践しています。

三次元で顎や歯の中を見ることができる

CT、マイクロスコープ、拡大鏡の活用

3つの予防

お子様と来院の際のお願いです。

歯医者さんの日は、みんな行く前から緊張しています。来院できただけでも、とってもえらいです。

 

子どもさんが安心した気持ちで治療を受けられるよう、来院前に、次のことを説明してあげてください。

 

 

①本人の同意なしに歯を抜くことはありません。

 

②麻酔後に、唇や頬を噛んでしまうことが多い為子どもの治療では可能なかぎり麻酔の使用を控えています。希望があれば教えてください。

 

③通常のフッ素がつらい場合は教えてください。替わりの物を使用します。

 

④治療がどうしても嫌な場合は、途中で終わることが出来ます。次回は続きからしましょう。

 

⑤治療が始まる前に、落ち着いて今日は治療をするかどうか相談してきてください。最初は、歯のお掃除だけにするのもひとつの方法です。治療をすると決めた時は、歯医者さんが早くスムーズに終わるように頑張ります。

 

治療のあとは、今日できたところまで、頑張ったこと、しっかり褒めてあげてください。(^o^)

お子様の治療についてのお願いです。

上手に治療ができても、うまくできなくても、

治療後には必ず

今日も頑張ったね☆

と、子どもさんを褒めてあげて下さい。慣れない場所で、いろいろな機械に囲まれて、口の中を治療するのは、大人にとっても、ふつうに緊張します。歯科についてまだよく知らない小さな子であれば、どんなことをするのか、なぜしなくてはいけないのか、痛くないのか、すべてが分からないことだらけで、心の中は不安でいっぱいになります。

 

ほとんどの場合、何度か来院することで、歯科ではどんなことをするのか分かってきて、安心して治療を受けられるようになります。上手に治療を受けられなくても、5~10歳くらいの間に突然出来るようになることも多いです。

 

長い目で見ると、安心して治療を受けられるようになることがお子さんにとって一番大切なことです。

 

そのため緊急時以外は、無理に治療を進めることはしません。当日は、お子さんが受け入れられる分だけ、治療を進めていきたいと考えています。

「三つ子の魂百まで」のことわざの通り、小さい頃に身についた習慣は、長く人生に影響します。

当院では、3つの予防にこだわっています。

 

一つ目は虫歯の予防です。

将来、むし歯にならないためにも、歯医者さんでフッ素を塗ったり、自立した習慣と食習慣により自分自身で自分の歯をキレイにできることが重要です。
小さいころからのクセづけが必要です。

 

二つ目は歯周病の予防です。

将来、お子様が歯周病にならないために、ハミガキなどの取り組みで、歯周病菌がお口の中に定着しないように予防することが重要です。正しい方法でのハミガキを習慣づけていきましょう。

 

三つ目は歯並びの予防です。

将来、悪い歯並びにさせない予防習慣を身につけさせることがとても大事です。身体の正しい成長のためにも、予防が大事になります。綺麗な歯並びや身体の正しい成長は、予防習慣によってかなり影響されます。

当院では、開業当初より、以下の手順で滅菌消毒(感染管理)を実施しています。現在は特に、新型コロナウィルス感染防止対策が重要な時期ですが、この流行以前から、すべての感染症に対応した安全対策・感染管理を実施していますので、安心して、受診していただくことができます。

《 器具の場合 》

診療に使用した器具は、医療用洗浄機

「Miele(ミーレ)」にて、最初の洗浄、高温消毒までを自動で行います。

煮沸洗浄まで完了したものを、今度は、専用の袋に入れ、「高圧蒸気滅菌」を行います。

専用の袋の特徴は、高圧蒸気に耐えうること、そして、蒸気滅菌が完了後は、袋にプリントされているマークが、「水色→黒」に変色し、一目で滅菌の有無を区別できるようになっています。

専用の袋で密閉したまま、患者様の診療がスタートするまで保管されます。

一度開封されたものは、使用の有無に関わらず、再び、洗浄機「Miele(ミーレ)」へとまわります。

《 歯を削る機械の場合 》

タービン等の切削器具は、治療予定の患者様の診療台にセットされた時点で、その後は実際の使用の有無に関わらず、すべて洗浄・蒸気滅菌へとまわります。

 

タービン等の器具は、特別な形状をしており、普通の洗浄機では洗うことができません。内側も外側も確実に洗浄滅菌を行うために、タービン専用の滅菌器「DAC(ダック)」を使用します。

「Miele(ミーレ)」はドイツのメーカーのもの。「DAC(ダック)」は、ドイツとアメリカの合併会社の製品です。各社ともヨーロッパの、非常に厳しい安全基準をクリアした製品となっています。

《 使い捨て材料の積極的な利用 》

こちらも、新型コロナウィルスの感染拡大が始まる以前からの取り組みになります。当院では、「水や空気を出す機械につける先端のチップ」などの、診療器具も、安全のため、できる限り、使い捨てのプラスチック製品を利用しています。

今まで通ってくださった方や、通えなくて困っている方のために、当院では往診を積極的に行っています。

新しく導入した往診用キットのおかげで、診療室とできるだけ近いクオリティでの治療を目指しています。