レーザーを使用し、視診やX線写真で分かりにくい

歯の溝の部分が虫歯かどうかを確認できます。

 

削ったり穴を開けずに診断できますので、必要以上に歯を傷めずに済みます。

虫歯の進行具合は数値で表され、予防診断にも役立ちます。

探針による触診はごく一般的な処置ですが、通常しずく状の裂溝の虫歯診断では困難なことがありました。

時に自然に治る歯も傷つけていました。

過度の触診により歯面に穴があいてしまった症例

虫歯測定器(ダイアグノデント)は、歯の表面下にある小さな虫歯の発見が可能です。
歯が内側から崩壊する前に予防することで、虫歯の拡大、進行を抑制することに大変役立ちます。
痛みも全くありませんので、小さなお子様にも負担がありません。